FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

その後、母ちゃんのえいご

今まで通っていた英会話(対ネイティブ)ですが、
二年前からお休み中でございます。







今はどうなのぉ~?





それが、通う前のレベルにあっという間に戻っちゃったの!

忘れるのはほんとあっという間。。

昨年、ハルっちに英検用の勉強を教えている時に思い知らされましたよ。






もっと退化しちゃう前にまたお教室に通ったらぁ?




また英語教室に通いたい気持ちはあるのですが‥‥。

以前ほどの熱が今はなく。。

ただ上達したい気持ちは変わらずに持ったままなので、
いろいろ片付いたらまた始めたいなぁ、とも。







そんなんで夏の旅先でのエルちゃんの検疫手続きは大丈夫なのかしらねぇ



な、なんとかなるわよ~、きっと!




母しゃんの英語ってひどいのよぅ~
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

| えいご | 19:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

母ちゃん英語とハルっち英語

今の私の英語の先生はロンドン生まれのエマ先生(仮名)。
でも両親がジャマイカ出身ということでとってもノリの良いラテン系の女性でもあります。

昨日は

will(won't)+be+~ing
will(won't)+現在完了

の使い分けの練習。
どうも私はこのあたりがゴッチャになっちゃうようなのです。

例えば「来年の今頃は~している」ということを話す時に使います。
そのことが継続しているのか、終わっているのか(未来で)で使い分けるようなのですが・・・。
そのあたりを日本語でいつも1度考えてしまうので
出てくるまで時間がかかるのです・・・。
スラスラレベルには程遠い母ちゃんなのでした。

でも、大人になって始めたやり直し英語はやっぱり楽しいのです。





そして意外なことに実はハルっちも


「ボク、英語がすき!」


と言います(成績に結びついているかどうかは考えないことにしますが・・・)


「書く」ことが好きなんだそうですよ(笑)。






101017_1.jpg







そうだよね!
最初「好き」と感じることはとても大切なこと。
その単純な感覚から始まることも多いですし、
「嫌い」と思うと目にも触れたくないのが普通だと思うのです。

なので、今ドブに捨てているかもしれないと感じている習っているネイティブの先生とのユルユルレッスンも
ハルっちにとっては遊びのような感じで、
中学に入る前から触れさせておいて良かったのかなぁ、と思うようになりました。


そのこともあるのかどうか、彼は今度、英語圏へ旅行したいんだそうです。

なのでなお更、来夏は
「ハルっちも行きたがった豪州なのかなぁ」
と思う私と

「夏のオーストラリアって、、、冬じゃ・・・」

と渋る夫との間で考え中・・・。

特典で往路は行きだけ取れている状態ですが、さて、どうなるかなぁ~。




あたしの好きなことはお散歩とおやつなのよぅ
banner_poo1
にほんブログ村



| えいご | 00:06 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薄くて少ない・・・

1年間お世話になった、英語の先生、カロリーナが英国へ帰ってしまい
先月から、米国出身のジョー(仮名)が新しい先生となりました。

ジョーは多分30代半ばぐらいだと思われます。
先日、髪の毛のカットの話になった時、彼は10分カット(QBハウスのようなところ)へ行って
いると教えてもらったのですが、いつも10分ではなく、15分くらいかかるんだそうです。
私にしたら、5分の延長なんて全く問題ないんですけどねぇ。

確かに、ジョーの頭はそう複雑なカットには見えない(失礼な!)ような・・・?
いや全体的にバランスよく短くするのって、意外と時間がかかるのかも?
その会話の中でジョーは



「あのさ、ボクって髪の毛がこう薄いでしょう?15分かからなくてもいいのにね」



とはなしだしました。なんて、まぁ、ストレートな!
私の会社のおじ様達の中で見事にツルツルな方が数名おられるのですが
そんなに潔く自ら話すことは殆どありません。

こうした場合、どう答えればいいのでしょう・・・。なのに彼は続けて



「こう襟足をちょっと長くして欲しいとお願いするからかかるのかな。こんなに薄いのにね


薄くて少ないから10分で済むはずなんだけどなぁ」


結局、語学力に乏しい私は上手く答えられませんでいたよ。
あぁ、10分というのは目安だから仕方ない、とでも言えば良かったのかもしれませんねぇ。

| えいご | 22:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後英会話

3連休が終われば、ハルっちはもうすぐ春休み。
3学期は本当に短いものです。最も春休みも10日足らずですので
ちょっと長い連休という感じでしょうか(新・6年生は4月3日も登校日ですし)。

ところで、英会話教室で最近は雑談を楽しむ日々
(あまりレベルアップになっていないと思いますよ、本当に!)
を過ごしていたのですが、先生である可愛いイングランド娘のカロリーナ(仮名)
が先月でもって帰国いたしました。

彼女はフリーランスで仕事をしており、当初の帰国は今夏を予定していたようなのですが
この最近のご時勢もあり、声がかかった仕事の為に早めの帰国を決めたようでした。

「本当はもう少し長くいる予定だったのに・・。でもそうすると仕事が
 なくなってしまうから帰ることにしたの」

とのことで、こればっかりは仕方ないなぁ~、と寂しく思っておりました。
上手く予定が会えば、私たちがヨーロッパに行った時に会うことが出来るかもしれません。

先日のメールでは

「仕事は仲間にも恵まれてとても楽しい。この仕事や仲間を誇りに思うわ!」

とありましたが、私を含め、「be proud of」を使えるような仲間や仕事に恵まれて
さらにそれをしっかり言える人が周囲にいるかしら?と考えると、
私自身は勿論、周りも殆どいない状態に改めて気づき、
それを言える環境にあるカロリーナにちょっとシミジミしてしまいました。
そういえば、欧米人は両親や子どもにも「be proud of」と使いますものね。

「マリコ、今後はメールもあるし、連絡を必ず取り合っていきましょうね!」

と帰国したカロリーナ。私よりもひとまわりも年下の可愛らしい娘さんから
言われるのは嬉しい限りです。英語だと日本語ほど回りくどい(遠慮した)
表現もしなくていい、というのも嬉しいですしね。

と言っても、私が流暢に話せる訳では決してなく、すぐに思い浮かばない単語は
やっぱり辞書に頼る日々です。文法使いも相当おかしいと思うので、
日々精進していかないといけません。
語学力UPについては10年後も上達を目指して続けたい
と考えているひとつの目標です。

| えいご | 20:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |