FC2ブログ

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

怖くて面白くてドキドキ

普段放送がされないこともあり、ペアを見るのはいつもオリンピックだけになりますが
昨日のペア・フリーは本当に面白かったです。

川口・スミ組は残念でしたが、中国の中年ペアと呼ばれている(笑)
シェン・ツァオ組が金メダルで嬉しかった。


そして今日は男子ショート。
こんなにドキドキしながら見るなんて女子の時はどうなるのかしら・・・。

表彰台に絡むと思われたジュベール(仏)とアボット(米)の失敗の時は
思わず声を上げてしまいました。
アボット選手は好きな選手の1人でしたので・・・(泣)



今回フィギュアについて、toramomoさんが興味深くこのように
書いてくれています。
こう考えている人は多いのではないでしょうか。

そのせいか、今回の男子は割りと公平な点数であったような
(芸術点と言われる5コンポーネンツの点が特定の人だけ異様に高かったりすることが少なかった)
気がします(特に地元カナダのパトリック)。

最終組は

・プルシェンコ
・ライサチェク
・高橋選手
・織田選手
・ランビエール

となるので、この中での滑走順と出来によって織田選手のコーチや
ライサチェクのコーチはジャンプを考えてきそう・・・。

明後日のフリーが待ち遠しいような怖いような気持ちです。


(追記)

滑走順出ていました!

・ライサチェク
・織田選手
・ランビエール
・高橋選手
・ウィア
・プルシェンコ

順番も面白い~!
最終組でトップのライサはちょっと大変そう・・・。
織田選手も他選手の出方を見てから構成を考えることがちょっとできないかな?
高橋選手はとてもいい順番に思えます~。

| フィギュアスケート | 15:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |