FC2ブログ

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

エルちゃんが来た!

名づけ親はハルっち。
もじゃもじゃっこ、やってきましたよ!






100530_3.jpg








100530_4.jpg




初日からトイレシートにポトンと大きなブツを落としてくれました。
おしっこもほぼ完璧。
サークル内では大丈夫かな?



初日は疲れているだろうから、と食後に5分ほど触れ合ったのみ。
それが嬉しいようで嬉ションしてしまっていました(笑)
ハルっちは
「エルちゃんとは初めて会ったような気がしない」
んですって。
うふふ、そうかい?




100530_5.jpg









100530_6.jpg










100530_7.jpg
             そうよ。パパは怒ると怖いからね~!(笑)


エルちゃん、よく食べて、出して(!)、とても元気です。
ある程度覚悟していたのですが、あまり手がかからなくて拍子抜けです。
サークルに入れると最初キュンキュン言いますが
わりとすぐに諦めて(というか眠くなって)クレートに自ら入って寝てしまいます。
夜は覚悟しましたが、全く起きずに朝までぐっすり。
ハルっちを見送った後、パクパク朝ごはんをしっかり食べてくれました。
(ハルっち、本日も地区大会で弁当なり・・・。2日続けてのお弁当はつらいっす)


そうそう、エルは犬ですが、♀ですし、
なんだか我が家にまるで女の子が来たようで嬉しい私。
フリフリのラブリーな犬服を買う痛い飼い主になりそうで怖いです。

| 我が家のお犬 | 09:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬を迎えるまで③(名前)

やってくる約1ヶ月半前になって連絡があり、
我が家にやってくるのはレッドの女の仔とのこと。
いよいよなんだなぁ、とドキドキ。


そして肝心の名前ですが・・・。

ハルっちは数ヶ月前からあれこれ候補を出して決め始め、



エル


と決めたようでした。

当初は「エレナちゃん、っていいよね!」などと言っていたのですが
私と夫からの「可愛いけれど犬だし呼びやすい方がいいんじゃない?」という言葉で
「じゃ、縮めてエレ、いやエルにしようか」
と決定。
しかしエレナちゃんって一体誰の名前だったのかしら~?!(笑)

夫からは
「プードルはフランスの犬なんだって。『ルイ16世』なんてどうだ?」
と提案されていましたが(短い方がいい、って言ったのに!)
「そんな名前、いやだ」
と秒殺でした(それに一応♀ですから!)。


いつ来るのだろう?と思いつつ、
「わんちゃんの体調と相談して、OKでしたら連絡ください~。」
と待っていたところ、獣医さんのチェックOKのお返事があり、
お迎えする1週間前に一度様子を一度見に行って、
我が家にやってきたのは丁度2ヶ月を迎える頃。
お誕生日は3月31日。体重は丁度1キロのフワフワ娘でした。

前もって受けていた申し送り事項として

「両親からいって特別大きくもなることもないでしょう。
 母犬も父犬も2.5キロ前後ですからね。ただ骨格はしっかりしていますから当別小さくもないと思いますよ」

とのこと。
あと、続けて

「両前足の第一指先端が切り落とされています」

とのこと。

ええええ!

なんで?爪なんて落としちゃうの?とびっくり。
断尾の知識はあったつもりでしたが指を切り落とすだなんて・・・。

人の都合でそんな処置をされちゃったのですか?と聞いたところ、
仔犬の時に前足第1指先端を切り落とすブリーダーも多いとのこと。
きれいな立ち姿になるように、なんだとか。
もう一匹いたシルバープーちゃんも落とされているんだそうです。
これが普通なのかなぁ・・・。
エルは家庭犬なのでショーにも出ないし、本当だったら断尾も指の切断もいらないのにね・・・。
さすがに夫も驚いておりました。










DSCF1549_convert_20100528195045.jpg
            「そんなことは忘れたワン♪」て言ってる?
我が家へ来る前に見に行ってきた時の写真です。とにかくよく動くので写真ブレブレ


そんなこんなで私にとっては30年ぶりの仔犬です。


具体的に来る日が決まり始めてからも喜ぶハルっちを横目に
「大丈夫かな~」と自問自答する毎日でした。









100530_9.jpg



でも、迎えてしまえば、そんな悩みも遠くへいってしまったような気も。
きっとこれから私たちにいろいろなことを教えてくれたり与えてくれたりするのでしょうね。










100604_1.jpg
    色はレッドというよりもアプリコットに近いんじゃないかなぁ、とも。
       最も毛の色なんてもう、どうでもいいんですけれどね!



可愛いくて仕方ありませんが、以前は外飼いの中型犬でしたので
小型犬の小ささと華奢さにちょっぴり怖い私です。




当面ブログは犬の成長日記になってしまいそうですが
呆れずに覗いてやってくださいね~。

| 我が家のお犬 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬を迎えるまで②(準備やお買い物)

まだ、いつ来るか分からない時期に少しずつ用意していったものです。

・サークル(約10,000円)とトイレ(約1,500円)
・タイルカーペット(膝の脱臼予防の為、犬の歩く範囲に敷きます。@390円)
・お手入れ用品(スリッカーや耳掃除用に使用するものなど)
・クレート(ハウスとして使用、約3,000円)
・餌入れ&水容器、フード


などなど。
お手入れ用品は相談しながら購入しました。


タイルカーペットはパテラ(膝蓋骨脱臼)防止の為に
フローリングで歩きそうな場所に敷きました。
タイルカーペットにしたのは粗相した時には一部を洗えばいいだけですし
歩く範囲に合わせて敷き方を変えられる為です。

基本、リビング以外は立ち入り禁止にする予定で、
キッチンには入り込まないよう、置くだけのゲートを設置しました。



ところで仔犬は6ヶ月頃までは躾やトイレを覚える為に殆どをサークル内で過ごさせることが
好ましいとのこと・・・。
そう、一番迷ったのはサークのサイズかもしれません。
小型犬向きとされる、よく見る横幅90センチサイズは
ハウスを入れるとかなり狭くなり、ウンチを踏んじゃうことも多いとのこと。

いろいろ感想を読んで、気持ち大きめの横幅120サイズのものを購入。
屋根については、トイプードルはジャンプ力が半端なくあり、
飛び出てしまったり、またそのことによって足を痛めることも多いとのことで
屋根付のものを購入しました。





1005_101.jpg






自分の安心出来る場所として認識させる為にもサークル内で過ごさせることは重要なんだそうです。
最初から放し飼いの方がストレスが溜まるとのこと。そうなのかぁ~。
サークルはリビングに設置する予定ですので、そうは言っても
クンクン泣かれたらすぐに出してしまいそうな予感がしています・・・。


ところでトイプードルの毛色は「白」か「黒」というのが基本だったように思えるのですが
今はレッドやアプリコット、ブラウンなど様々な毛色があります。

「どんなイヌだって迎えれば可愛いだろうし、
 元気ならいいんじゃない?うちは男児が既にいるから女の子だったら嬉しいね」

なんて私自身は考えていました。
夫にいたっては「どの色だって同じじゃないの?」とのこと(そりゃそうですな)。

巷ではやっぱりレッド(茶色?!)の色が大人気なんだそうです。
そういえば、最近真っ白のプードルってなかなかお目にかかれないかも・・・?


| 我が家のお犬 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬を迎えるまで①(犬と暮らすことを考える)

目次

犬を迎えるまで①(犬と暮らすことを考える)
犬を迎えるまで②(準備やお買い物)
犬を迎えるまで③(名前)

いつかは・・・と考えていた犬と暮らす生活がとうとう出来るようになりました。



・住宅事情が解消したこと(ペット可のマンションへ引越し)

・ハルっち自身も世話をする自覚があり、ペットをおもちゃ化するような年齢でなくなったこと

・イヌの生涯年齢は15年。
 迎え入れてから看取るまでを考えても充分に私たちがそれを出来る年齢であるということ


ハルっちは昨夏、テリア犬のいるお宅で1週間過ごし、
犬と一緒に暮らす生活をより強く望むようになったようです。

いろいろ考えて「飼うなら今だ」、と感じた時期に
住宅事情が解消したのはとても大きかったかもしれません。

ただ、ウサギ・猫のアレルギー因子をもつ父子には
シングルコートのお犬がいいようです。
シングルコートとはアンダーコートのない(春や夏に毛の抜け替えのない)
プードルやマルチーズなどトリミングが必要で(トリミングは私のカットより高いです。。)
毛が一生延び続けるような犬種のことを言うようです。

その中でも最も毛の抜けにくいトイ・プードルは最も最適とのこと。
実際ダッコして抜け毛1本もつかなかったことに驚きました。
(まれに人によってアレルギー反応が出ることがあるようですので、不安な方は
 検査してもらった方がいいと思います)


なので、自然と我が家で飼う(飼える)犬は住宅事情もあり、
小型犬のトイプードルなのだなぁ、と考えるようになりました。

そしてここ数年読んでいたプードルのサイト・ブログはこちらです。
とても参考になりましたよ!


トイプードルのきもち(とても詳しくおすすめです)
ロップくんがやって来た(現在は『ハミとロップ・上を向いて歩こう』です♪)
三十路男とトイプードルの新生活

| 我が家のお犬 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |