FC2ブログ

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ヨーロッパのお犬達

仔犬なので、今は動きがとにかくワチャワチャしている愛犬モジャ子・・・。
これを見るにつけ、旅行に行った時、
特にヨーロッパで見たいろいろな犬達を思い出します。







  スイスの登山鉄道。足元でいい子にしている黒わんこ
  この頃はデジカメを持っていない上に
  スキャンした写真を小さく加工してました








昨年行ったウィーンではシェパードのような大型犬が
ごく普通に地下鉄に乗っていました。
電車に乗っている時にはマズルカバーを付けなくてはならないようですが
みんな、とてもいい子!
飼い主さん達の足元にうずくまったり、横で座っていたり。
それに、地下鉄の切符売り場にはペットの表示もあったので一般的なのでしょうね。
昨年、1週間過ごしたステイ先だったoxfordの犬達もとても行儀が良かったです。







100715_1.jpg
   ウィーン西駅にて。写真撮りたくてすれ違ってすぐに撮りました(怪しい!)




ヨーロッパのお犬達はなんであんなにお行儀がいいのかしら・・・。


このところ、初めての室内犬(昔は「お座敷犬って呼ばれていましたよね~?)ということもあって
様々な犬のサイトやブログを覗くようになりました。

特によく見るTプードルを飼われているブログの中で
モナコで2匹のTプーちゃんと暮らしている様子を綴ったステキなブログがあるのですが
その中のこちらの記事を読んでとても納得しました。


なんとも羨ましい環境と理解です。
そういえば、昨年予約を取る為に検索したチェコやウィーンのホテルの殆どがペットOKでした。


ということで、我が家のモジャ子も今週初めから
お散歩して連れ出し、子どもになでてもらったり、
他のワンコに挨拶してもらったりしております。
獣医さんからも
「この時期はいろいろ経験させてね。耳毛抜きのようなイヤなことも今だからね」
と言われていますし、少しは経験値があがったかな?





100715_3.jpg
    お散歩前にリードを見せるとジャンプして喜ぶようになりました。
           いろいろ分かって来ているのだなぁ~






今週末の3連休もあちこちお出かけしようね♪

| 旅の思ひ出 | 19:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |