FC2ブログ

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

悩む手術の時期

先日のフィラリア予防薬を貰いに行った時
もうすぐ6ヶ月になるということもあって、
先生と避妊手術の時期の相談をしました。


健康なペットに避妊手術や去勢でメスを入れることはやはりいろいろ考えるところ・・・。
特に避妊手術はお腹を開きますものね。

先生は

「エルちゃんは1回目のヒート(生理)を迎えた後にしたらどうですか?」

とのことでした。


1回目のヒート(生理)の前にする方が望ましいのですが(ほぼ確実に乳腺腫瘍を防げる)
1回目の後でも大差ないとのこと。
(確かに2回目のヒート前に終えるのがいい、ということは共通しているようです)


ヒートの前に手術した方がいいのか、後にした方(体が出来上がった)がいいのか
説がいろいろあるので、悩ましいところです。



横で聞いているハルっちは複雑そうでした。


「なんで健康なのに手術しないといけないの!」


とのこと。







100922_3.jpg
       獣医さんはねぇ、イイコにしているとおやつくれるのよぅ~♪





でも、お散歩中に

「手術しないでいたら、子宮蓄膿症になってあぶなかった」

と聞く数が多いのも確か(うちの近所限定ですが)。
乳腺腫瘍より子宮蓄膿症にかかるほうが多いのかな?


とにかく、去勢や避妊手術は本当に悩みます・・・。


エルちゃんは多分早ければ来月末にでも初・ヒートが来るかも、とのことでした。
おパンツ買っておいた方がいいのかなぁ?



ところで、私と夫は牛の(ホルスタイン牛)の去勢を見たことがあるのですが(学生時の専攻)
麻酔を打って手術、ということはせず、
大きな万力のようなもので(1mちかくはあるような)
ブラブラと揺れている(!)お玉ωの根元をキュ~っと挟むんですよ!
そう、精管を潰してしまうんです。





100922_2.jpg
             想像するだけでもおそろしいわぁ~




ためらっているとなお更可哀想なのでものすごい力を入れて勢いよく、
そしてしばらく挟みよう、先生から指示がでます。
その時の牛の鳴き声ときたら、もう今でも覚えているぐらいです。
(その後、牛のお玉は数日間、2~3倍に膨れ上がるそうです)

その時の男性陣が全員

「いってぇ~!!」

と言っていたのも印象的でした(私たちには分かりませんものね・・・)。
ちなみに豚の去勢は直接ナイフのようなものでムキムキとくり抜いていたような・・・。
(確か麻酔ナシ!後は縫わずにイソジンかけて終了)
もう20年近くも経ってしまったので今はやり方が違うのかもしれません。

ただ、どちらも(そういうことが好きな)男子学生が率先してやってくれたので
女子は見ていただけでしたが、今は見るのに耐えることが出来ないかも。。
あの頃はよく出来たなぁ、と今はつくづく思います。。





毎日お天気悪くて、もうイヤになっちゃう~!
banner_poo1
にほんブログ村

| 我が家のお犬 | 08:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |