FC2ブログ

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

母ちゃんのつぶやき

年末に初・救急車のお世話になってから、
平衡感覚がおかしくなってしまい、
それ以来、めったなことで「××するのはダメ」なんて言うことがない夫から


「自転車には当面乗らないように」


と言われてしまいました。
なので毎日徒歩通勤しております。
(最も徒歩でも通勤時間は10分程度なのですけれどね!)



自分でも乗ることに不安だったこともあって
言うことを聞いて大人しくしていたのですが
先日、夜のPTA会合があった時に自転車に慎重に乗って学校へ行ってみたところ
意外とOKであることが分かりました。

先生も「平衡感覚は2~3ヶ月で戻りますからね」と言っていたものね~。

と自転車に乗った日に「自転車乗ったけれど案外大丈夫だった!」と夫に伝えたところ

「それは良くないなぁ」

などと、学校の先生のような口調での渋いお返事がございました・・・。






110206_3.jpg
       ほうら!お父しゃんの言うことは聞いておいた方がいいわよぅ~




そうね・・・。


もうちょっと言うことを聞いておくことにするわ・・・。







110206_2.jpg
   母しゃんは片方の耳が聞こえないんだから、慣れるまで待った方がいいのよぅ




そうなんだよねぇ~。

実は1ヶ月前の発作で左耳を失聴してしまいました
後遺症で聴覚過敏もあり、特定の音はかなり苦手。
そして常時、飛行機のエンジンすぐ横で乗っているかのような
大音量の耳鳴りがゴーゴーと鳴っています。

先生はまだ言い方に気を遣っていてくれ
ハッキリと言ってくれていませんが
もう聴覚が戻ることはないようです。
(今は大体のことはネットで調べられますものね)


それが分かった時はさすがに落ち込み、

「ipod、聞けなくなっちゃう」

「映画ももう行けない」

「仕事、続けられないかも」


などなど、出来なくなることで頭が一杯になり
相当落ち込んでいたのですが、
なんだかある時から考えが変わり急に楽になりました。


・片方の耳はダメになってしまったけれど、もう一方の耳からはちゃんと聞こえるじゃない?

・その耳で夫やハルっちとちゃんと会話も出来る

・出来なくなることより、まだまだ出来ることの方が一杯ある

・こんな病気になったのがハルっちや夫じゃなく私で良かった!



ということ。


それに改めて、夫やハルっちが心配し、支えてくれたことをはじめ、
心配して駆けつけてくれたりメールを頻繁にくれる両親のこと
お見舞いまでくれた夫母や心配のメールをくれた夫妹や友人がいてくれることの
ありがたさに気づきました。
可愛い愛犬は日中1人で寝込んでいる時、
常にそばにいてくれて本当に助かったしね!







110206_1.jpg
   ハルっちは「次のハリーポッターは字幕にして一緒に見ようね」と言ってくれました





自分がこういう状態になってやっと気づくことってあるのですね。


人との会話になった時
何度か聞き返すことが多くなっちゃったし、
ガスの火や水の音に気づかないこともあります。
(両耳から聞いて初めて音はどの方向から聞こえるのか分かるようです)

今後、たまに思い出しては落ち込んじゃったり時もあるかもしれないけれど
きっと大丈夫、って思っています。




今日はコメ欄閉じています~(^^)

| 日々のつぶやき | 17:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |