FC2ブログ

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

普通に暮らせる幸せ

昨晩の夫の帰宅は深夜0時過ぎ。
地震の後、帰るよう指示が会社から出たようなので
帰宅するのに7時間以上かかってしまったようでした。


そして一夜明け、
次々と放映される惨状にただただ震えるばかりです。

家を失い、大切な人を失った人。
それもたった一瞬のうちです。

数分前はそんなことも予想できなかったことというのに。



ハルっちが低学年頃から6年生まで
電車通勤だった私、
何かあった時、すぐに帰れる距離ではないことは頭にあり、
10キロ程度なら歩いて帰れると、毎日スニーカーなどの
ペタンコ靴で出勤していました(会社で館内履きに履き替え)。
と言っても今さらヒールのような靴なんて履けなかったのもあるのですけれどね。

そしてたまに思い出したように

「ハルっち、地震になったら先生の指示に従って
 待っている場所で必ず待っているんだよ。ママは時間がかかっても必ず行くから」

と伝えていました。


幸いなことに大きな地震は今回までなく、
また、今はハルっちの中学校や職場が自宅から
自転車で行ける距離であることもあって、
最近はそんなことをすっかり忘れていた感じがあります。

地震のあった15時前という時間帯ならば、
学童に行っていない低学年ぐらいの子どもが
自宅で1人過ごしていることも多かったことでしょう。
あの強い揺れの中で。
親が電車通勤ならば、帰宅するまでの時間がどんなにかかったことでしょう。


もう、どうか大きい地震や津波が来ませんように。
被害が大きくなりませんように。

それを願うばかりです。



110312.jpg
        昨日はクンクンと余震の度に「ダッコして」と
    前足で私たちの膝を叩いて不安がるのでこうやってダッコ三昧でした






banner_poo1
にほんブログ村

| 日々のつぶやき | 22:55 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |