FC2ブログ

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

検疫関係一段落

6月中旬頃、エル子連れの動物輸出入申請及び書類の事前確認(書類はFAXで送付)をしました。

しかし検疫の方のチェックは噂通りきめ細やかで返事が早くてびっくり。

ANIPASでオンライン申請をし、そのあとFAXで必要書類を送付。
この送信した時間が23時前くらい。
そしてメールで「FAXでの書類の確認をしました」の返事が翌日の朝7時!
検疫は時差の関係からなのか24時間体制での勤務のようです。

書類不備の指摘はEU向けの衛生証明書の氏名漏れが一部と
ワクチン接種の獣医さんのハンコがないことが1件。
また狂犬病予防接種のANIPAS上での表記の訂正の指摘もあり、
これらを訂正しFAXで送る書類は再度FAXで送付し、再確認していただきました。

また、ANIPAS(動物の輸出入申請)でも変更申請を行い、
「受理しました」の連絡がメールでもらい、
その1週間後に届出受理書発行の連絡があってこれで本当に一段落。





fc2_2013-08-06_22-43-55-499.jpg





なので忘備録として。。


≪日本出国時必要書類≫

(1)輸出検査申請書(ANIPASから申請した書類をプリントアウト)
(2)狂犬病抗体価検査結果(RIASより発行)
(3)動物個体識別記号(マイクロチップ)登録申込書
(4)狂犬病予防接種証明書(2回分:獣医さんからのマイクロチップNo.の記入済)
(5)混合ワクチン予防接種証明書
(6)EU向け衛生証明書(一部ブランク。成田検疫で出国時に検査官より記入予定)

≪日本入国時必要書類≫

(1)FormA(検疫局での裏書要)←自分で事前にwordで入力出来るところは入力
(2)FormC(現地獣医さんと検疫局での裏書要))←こちらも自分で事前にwordで入力出来るところは入力
   ※FormAとFormCについて入力した部分について検疫に送り事前チェックしてもらいました。
(3)輸入届出書(ANIPASからプリントアウト)
(4)受理書(ANIPASからプリントアウト)

他、日本出国時に提示した書類の一部(マイクロチップ証明や狂犬病予防接種証明書)が日本入国時にも必要に
なるようです。








当日の検疫所への来所時間の予約も取り、
やっとここまで来たかぁ~、という感じです。
でも心配のあまり準備が早すぎて旅行1ヶ月前には検疫の事前書類処理の
全てが終わってしまいました。。

現地でもエルの健康診断後の書類記入をしてもらったら、成田の検疫局に書類をFAXして
内容の不備がないか確認してもらおうと思います。
すべて初めてのことですので念には念を入れて・・・。

現地獣医さんの予約も無事取れ、
ずっと返事のなかった現地検疫局(DDPP)からも
開いている日にちと時間のメール返信があったのであとは行くばかりです。




これでエルちゃんも本当に一緒に行けるのねぃ~!
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村



| はじめての犬連れ海外旅行計画 | 23:34 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |