FC2ブログ

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

町田君が引退。。

今年の全日本、
小塚選手が素晴らしい演技をしてワールドに久しぶりに選ばれて
宮原選手のフリーの演技に心を動かされた3日間。



satoko2015.jpg
素晴らしいミスサイゴン!ジャンプ構成も攻め構成に



なのに・・・。

最後の最後、ワールド選考の後での選手紹介の場で
町田選手から突然の引退発言。。


え?ウソでしょ~?


としか思えませんでした。

フィギュアからは今日限りで全て引退して早稲田(大学院)に進むとのこと。


なんでさ~!

ワールドに選ばれていたのに!

昨季ワールドで羽生選手の金メダルを指して
「来年はコレを目指す」
って言ってたじゃん!!

って独り言を言ってしまったけれど・・・。



machida-2015.jpg



ソチ五輪が終わった後、各自へのインタビューで

「フィギュアは引退した後の人生の方が長いので」

と自分なりの今後を考えている発言をしていた町田選手を思い出しました。



fc2_2014-12-28_21-59-05-978.jpg
何年も前からセカンドキャリアについて考えていたのでしょうねぃ



今季はシーズン当初から全日本で引退と決めていたのかな、と今は思えてきています。

もう滑る姿を見ることが出来ない・・・。

ただそれだけが今は寂しいのです。



(追記)デイリースポーツより引用
※この内容ですと時々アイスショーで姿を見ることが出来そうですよね!

 「皆様、このたび私はこの全日本選手権大会をもちまして、現役の選手を引退することを決断いたしました。

 近年ではスポーツ選手のスポーツキャリア問題が社会問題となるに至っており、JOCも問題解決に向け、アスリートセカンドキャリアサポート事業に取り組んでいるほどです。私も選手引退後のキャリアデザインに苦労した一人です。

 しかしながら、周囲の方々のご指導のもと、自分自身でセカンドキャリアへの一歩を踏み出せるよう、競技を続ける傍らで、文武両道を胸にここまで準備をしてまいりました。

 実は今シーズン序盤、スケートアメリカに出場するために、シカゴへと出発する直前に、私は早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程2年制の一般入試を受験いたしました。

 その合格が発表されたのは、スケートアメリカのショートプログラムが行われる日のことで、文字通り万感の思いで演技をいたしました。

 その後もシーズンを通して、私は文武両道を志し、今季のプログラムである『バイオリンと管弦楽のための幻想曲』と、『第9交響曲』の完成を目指して、周囲の方々の心強いご指導のもと、初志貫徹で精進してまいりました。

 そして今大会での自分の演技を終えた結果、私は自分の引退を本当に晴れやかな気持ちで、本日12月28日の朝、決断することができました。ご指導頂いている大西コーチにも本日その意志をお伝えしたところです。

 約21年間の競技人生でしたが、何も思い残すことなく、誇りを胸に、堂々と競技人生に終止符を打てます。これもひとえに関西大学、国際スケート連盟、および日本スケート連盟、歴代コーチ、歴代振り付け師の先生方をはじめ、周囲の方々のご支援ご指導、また家族の支えがあったからであり、さらに多くのファンの皆様のお心温かい応援があったおかげです。本当に心から感謝を申し上げます。

 そして、2014年4月より早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程2年制に入学後は博士課程進学を視野にいれ、将来的には研究者を目指し、一大学院生として精進してまいりたいと強く思っています。

 フィギュアスケートをスポーツマネージメントの領域で考察する研究者として、社会から真に必要とされる人材となるべく、真摯に新たな道に歩んでいく所存です。

 なお機会を与えて頂ければのお話ではありますが、今後とも研究活動の一環とアイスショー等での演技や創作活動を必要最小限の数の舞台において、経験させていただきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 皆様には今後とも静かに見守っていただけますなら幸いです。重ねて心より御礼申し上げます。ありがとうございました」



4位と言う結果に「すがすがしい」と言っていた町田選手だったものねぃ~
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村






| フィギュアスケート | 22:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |