FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワンのいる生活に憧れて

以前から「犬が欲しい」と何年も私たちに訴え続けているハルっち。
この夏の1週間、OXFORDでステイし、犬と一緒の生活をしてますます
その想いは強くなったようです。





    この食いしん坊なおばあちゃん犬でございます




確かに身近な犬や猫と暮らす生活は素晴らしい!
実家では私自身が中学生~20代半ばまで犬のいる生活を経験しました。
楽しいけれど、病気もするし、老いも確実に私たちより早くやってくる・・・。
そして見送る時のその悲しさといったら、ありませんでした。


今私たちが犬と一緒に暮らす生活スタートとしたとすると、10~15年前後を
共に過ごすことを考えねならないといけません。
その頃、私たちが50台なら、まだまだ大丈夫。
動物の方が残されることほど悲しいことはないですものね。
ひょっとして、私たちの年齢からいっても、きっと今、犬を迎え入れる
時期としては最適なのかも。
ハルっちにとっても、今きっとベストな年齢だと思うのです。

夫も動物は好きなので、問題ないのですが、
最大の問題は住居。社宅暮らしの今はとても厳しい。
あとはハルっちのアレルギー。
シングルコートのワン(毛の抜け変えがなく伸び続ける
プードルやヨーキー、マルチーズなど)を選ばねばなりません。
ハルっちは猫も大好きなのですが、喘息の問題があり、残念ながら
猫さんはOUTなのです(しかも夫も・・・)。

一度、外でノラにゃんを触りながら
「ねぇ、ママ。この猫を連れて帰ってあげようよ。ハルさ、喘息の薬をず~っと飲むから」
と言われたことがあったっけ(・・・。

もっとも、その前にアレルギー検査を久々に受けないとならないだろうなぁ。
と、その前にやっぱり住まいを何とかしないと・・・。
私たちの体力があるうちに、ですね(笑)。



| 日々のつぶやき | 23:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT